FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quotes集

文化も違う、笑いも違う、笑いのネタも違う、が、世界中の人間は楽しい笑いを求めてます。ちなみに下記のウェブサイトで名言集を見ることができます~。英語も簡単な英語を使用しているので、理解しやすいと思います。

コチラをクリック

どうでしたか?笑えましたか?




編集:BIT英会話・柏




スポンサーサイト

theme : 英語
genre : 学問・文化・芸術

youtube

ある日、youtubeを見て作業することがあったので見ていました。で、こんな動画を見つけました。

動画はコチラ

ええ。凄く有名な曲ですね。昔ながらのカッチョイイアメリカンポップスの名曲ですね。ええ。が、よ~く考えてみると、

『Can't take my eyes off of you』=『君の瞳に恋してる』

という計算式が出来上がるわけです。曲名の話です。ん??何か曲名が大きくずれてはいないかい?と思ってしまったわけです。まあ歌詞対訳というのは確かに、そのまま訳せば良いというモノではないことはわかってるんですが、ウ~~ん。。。。ワタクシが歌詞対訳するときは、いつもほぼ英語そのままの表現をそのまま意味を変えずに必ず訳すので、人によって翻訳方法はさまざまだな、と思ったわけです。

みなさんも色々探してみると面白いですよ。

ちなみに、上記の動画、時代を感じますな~~~~~。髪型とか、服装とか。始めの数フレームに出てくる左下の方々はいったい何者???と思いましたが、、、。

名曲ですよね!






編集:BIT英会話・柏

theme : 英語
genre : 学問・文化・芸術

業界別翻訳 4



今回は英語でメールを書くコツを考えたいと思います。最近、メールの書き方を知りたい、というリクエストが多いのでよく考えます。確かに業界別に色々と書き方はあるのではないか?と思うかもしれませんが、案外そうではないのです。勿論、コア部分、ボディ部分は別物になるのでしょうけれど、半分位は「お決まり文句」でできあがっていたりするのです!
ではどうすれば良いのか?

PCのエクセル等を活用し、お決まりの文章やフレーズを集めておくと良いでしょう。するとワンパターンではない表現が沢山身に付くと思います!特に文章の出だしの表現を集めておくとよいでしょう。






編集:BIT英会話・柏





theme : 翻訳勉強
genre : 学問・文化・芸術

ネットの自動翻訳機

ネットなどでよくある、自動翻訳機について語りましょう。

はい。二度と使わないでください。はっきり言ってめちゃくちゃです。皆さんも知っていると思いますが、文章と言うモノは生きています。もし翻訳機で事足りるのならば、翻訳家や通訳は世の中に必要なくなります。語学というモノは、微妙なニュワンス、前後の文章とのかかわり合い等によって翻訳の仕方が何十通りもできあがってしまうワケです。つまり、正しい翻訳にするには生きた人間が翻訳せねばならないのです。ちなみに、この文章を某自動翻訳サービスに打ち込んでみましょう。下記のような文章が出来上がります。


Yes. Never use it. Frankly speaking, it is confused. The thing called sentences is alive though it is thought that you also know. The translator and the interpreter become unnecessary in the world if enough with the translation machine. The thing of language study is Wake that completes tens of kinds of methods of the translation by relations with sentences in slight Nuwans and the back and forth etc. each other. In a word, to make it to a correct translation, the flesh and blood should translate. By the way, let's input these sentences to the certain automatic translation service. The following sentences are completed.

めちゃくちゃですね。


と言うことで二度と使わないでくださいね!翻訳したモノが正しいかどうかは、生きた人間に聞くのが一番正しいのです!!





編集:BIT英会話・柏



theme : 英語
genre : 学問・文化・芸術

翻訳その2

最近は仕事で、古い日本語を英語へ翻訳することがおおいのですが、なにせ本当に文章が古いため使われている言葉も辞書無しでは絶対に読めないのです。同じ日本語なのに、昔の人々は本当にこんな言葉を日常でつかっていたのかな?と、考えてしまう程です。


さて、その難しい日本語を英語に翻訳するときに、どうしたら良いのでしょうか?
たとえば、
『なんじは~~』という日本語の表現がありますよね。簡単に翻訳すると、『あなたは』というふうにになるのでしょうが、それをどう英語に翻訳するか???古い英国風に『thee~~』とするのがよいか?

私が決断した答えは、普通に『you~~』と翻訳することです。別にイギリスの古い言葉に訳しても、カルチャーは違う訳ですし、100%日本の『和』や『わびさび』を伝えるのは無理ですからね。というか0%しか伝わらないでしょう。しかたのないことです。

ともかく、翻訳は気を使う仕事なのでした、、。




編集:BIT英会話・柏



theme : 英語
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

BIT英会話・柏 Staff

Author:BIT英会話・柏 Staff
★★★★★★★★★★★

千葉県柏市にあるBIT英会話・柏のオフィシャルブログ!
オモシロイトピック満載です!

http://www.bitengl.com

★★★★★★★★★★★

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。